タグ:携帯送信文 ( 4 ) タグの人気記事
夢がかなう時
過去の何時か
抱いた夢が今日かなった。
その夢を抱いていた
過去の自分に向かってエールをおくる。

ああ、あの時何となく嬉しい気持ちになったのは
このエールを受け取ったからなのか……。

あの時にはまだ見えなかった事が起こって
何時のまにか当たり前に夢はかなっていた。
何時も夢は当たり前になってかなう。

運命の出会い…
ベタだけど、実際にそれを体験したと感じると
感動する。

夢が当たり前になって行く運命の出会い。
それは、ひょっとすると少し迷惑な姿をして日常に現れるかもしれない。
[PR]
by shiraki_yoshie | 2007-02-06 01:33
真っ白な朝
朝は白く輝きながらやってくる。
新鮮な空気を連れて。

眠り~~~空白への回帰~~~から覚めて、あるいは天上から舞い降りて朝が始まる。

朝の風景に湯気は外せない。
朝風呂、朝シャン
もしくは
朝ご飯の準備=炊飯とかコーヒーをたてるとか=湯気に朝日が差し込んでくる事。
そして薄く湯気越し、若干逆光ぎみなところで極上スマイルを決める事。
白のシルク、シャツ衿前ボタン=7つ=裾丈は膝上
あるいは
ふくらはぎ下から1/3、ボタンは上から2つめのみかけて。
朝の光の角度で布のディティール(地模様もOK)が出ている事。
音はインスト、高めの音程入り
軽目なリズム
微かに聞こえ程度のボリュームである事。


朝の光を浴びる=見る=事で起こる事。
息を吐き切る事で解る事。
[PR]
by shiraki_yoshie | 2007-02-05 11:01
立春は春の予感?
ふと気付くと、ずいぶん日が長くなっていた。
冷たい空気の硬質な空に、昨日節分の夕日は翠の残像を残して沈んでいった。

夕日は情緒的だと思う?
朝日は?

どうでもいい事とどうでもよくない事の違いは何かな?
単に恐怖を刺激されるかどうかだけの事かな。
それも古ぼけた記憶の埃が舞うような…。判断するのは、その件について全てを知っていると思うから…?新しい事は起こらないと思うから?

うふふふ…。
まだ今も、世界は不思議に満ちているぅ~。。。。。その古ぼけた記憶が最初に刻まれた時と同じようにね。
当たり前な奇跡に、立春=春の始まりに乾杯。
[PR]
by shiraki_yoshie | 2007-02-04 02:31
今日は冬日
もうすぐ、冬至。
今日は、あちこちランダムに走りっぱなし。

弛緩の後の緊張~緊張の後の弛緩。そうして呼吸…あるいは、鼓動する生命。

何処へ行きたいのか、何処へも行きたくは無いのか…だいたい行き先なんてあるのか。
また、宇宙人のようなラインを持つアロエの集合に遭遇する。

惑星の時間はまだ閉じていて内包物は鼓動しながらそれを待つ?
それを怖れと呼ぶか畏れというか遅くれというか、期待と言うのか…。
     Yottan
[PR]
by shiraki_yoshie | 2006-12-12 22:44



南IZUから******惑waku星時間落書き帳***********        
by shiraki_yoshie
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30